木でいろいろ作りました

オープン前からいろいろ協力してもらっているSo-tennen。木でオシャレな小物や食器を作ったり、木の成分を取り出してアロマを作ったり、木材の地産地消を進めているグループです。今回、So-tennenに依頼して、やまさぁーべの中の小物をいろいろ作ってもらいました。

まずは宿泊室の壁時計。ホオノキを材料に作っています。これまで時計がなかった和室用に2つ。なんともオシャレです。


お次はゴミ箱と、ティッシュケース。ゴミ箱の3色はやまさぁーべの看板の色に合わせています。材料は大江町特産の西山杉。


最後はお風呂のふたです。数枚の板を直接お湯に浮かべています。これも西山杉。お湯がたまるにつれて、だんだん浮いてきてふたになります。五右衛門風みたいな感じですね。でも入るときはこれを踏むのではなく、外して入ってくださいね(笑)So-tennenのFacebookページには、その浮いていく様子が動画でアップされています。