昔の写真

やまさぁーべの倉庫の中には、ここが学校だった頃の写真がいろいろ残されています。その中に、今まで見た中で一番古そうな写真が出てきたのでそのご紹介です。

やまさぁーべの前身は、七軒西小学校という小学校ですが、何度か名前が変わっています。創立は明治9年でお寺の境内に建てられた柳川学校という名前でスタートします。今日見つかった写真は、それから60年ほど経った、おそらく昭和初期の写真です。非常に読みにくいですが、実物の写真では上の看板に昭和五年と書かれているように見えます。

そして、年代は分からないのですが、同じか、それより少し前に撮られたのであろう写真。左の旗には柳川尋常小学校とあります。右の旗には「柳川学校金蘭会」と書いてあるように見えます。この金蘭会が何なのか、地元の90歳を超えるおじいちゃんに聞いてみましたが、自分が入学するより前の写真だから分からないとのこと。うーん。また調べてみよう。

それにしても、こんなに子どもが多かったのか!と驚かされます。昭和5年の国勢調査では、七軒地区の住民は3302人。その後、昭和25年の3828人をピークに減少し始めます。おじいちゃんのお話では、古くは青苧の栽培、写真の頃は養蚕、そして営林所ができてからは移住者が増えて人口がどんどん増えていたとのこと。その頃の学校に通っていた子どもの数は350人ぐらいいたそうです。ちなみに学校が休校になった平成13年の子どもの数は7人。平成22年時点の国勢調査で七軒地区の人口は378まで減少し、現在はもう少し減っているでしょう。地区内の小学生は0人です。

これは今日撮った写真。やまさぁーべの南側に見える山(写真左)と、体育館裏の駐車場(写真右)です。今日紹介した約90年ほど前、写真左の山に緑色に見えるスギ林はカイコのエサを作る桑畑だったそうです。写真右の駐車場の位置には、お家が2~3軒立っていて、その後ろは棚田だったそうです。今からでは信じられませんが、確かにスギの植わっている場所の地形を見ると、段々になっているのです。時代の流れはすごいものです。青苧、養蚕、林業ときて、次は…エコツーリズムでしょう!!町おこし、頑張らねば。


コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    山夫子 (木曜日, 21 4月 2016 22:41)

    貴重な写真を公開していただきありがとうございます。長期間休校していたにもかかわらず大事に保管されていたのですね。感動をおぼえました。
    人口減少が進んだとしても、これらの史料が残る限り七軒の記憶が人々の脳裏から消え去ることはありません。そして七軒再生への夢は引き継がれていきます。
    これからも積極的に公開してください。また個人などが所有する史料も収集し次世代に引き継いでいくことも大事な仕事だと思います。

  • #2

    やまさぁーべ (金曜日, 22 4月 2016 09:10)

    山夫子様
    コメントありがとうございます。本当ですね、こういう物が残っているのは嬉しい事です。倉庫に押し込められているのはもったいないので、整理して閲覧できるようにしたなと思っています。地域の方がお持ちのお宝もいっぱいあるでしょうから、少しずつ探していきたいと思います。

  • #3

    さわらび (金曜日, 22 4月 2016 10:51)

    桑畑。なつかしいです。養蚕の繁忙期は学校も「おこさま休み」。口のまわりを赤紫に染めて「くわご」 (桑の実)を食べました。写真にある「柳川学校金蘭会」は「金繭会」かもしれません。

  • #4

    やまさぁーべ (金曜日, 22 4月 2016 18:32)

    コメントありがとうございます。金繭会ですか!実物の写真も大変読みにくいのですが、もしかしたらそうかもしれません。お蚕さんをたくさん育てていた地域だけに、そういう会があったのかもしれませんね。

  • #5

    田夫野人 (火曜日, 02 5月 2017 14:24)

    二枚目の写真は「金蘭会」が正しいようです。
    ・金蘭会とは
    明治25年柳川尋常小学校の尋常科4年に補習科2年が設置されました。
    担当したのは柳川出身の「青木当摩先生」でした。
    青木先生は子どもたちが家業に追われ思うように学べないことを憂い熱心に
    青年教育にあたりました。補習科は義務教育ではありませんでしたが多くの
    青年が青木先生の下に集い互いに励まし合いながら学習に励んだそうです。
    これが後に「温習会」から「金蘭会」とよばれる夜学会に発展したのです。
    今も残る当時の名簿に記載されている金襴会の方々は以下の通りです。
    七軒の大先輩です。(原文のママ敬称省略)

    清野高助 富樫直義 高藤 富樫源内 今野 新宮源太郎
    富樫武男 大沼松吉 今野伝四郎 大場新作 大場政太郎
    大場源吾 大場三豆太郎 清野清次郎 大沼安太郎 中山らやノ
    松田秀志 新宮定志 渡辺ヨシミ ○○庄蔵 白田為吉
    大沼安吉 今の四郎兵ヱ 今野久司 富樫英三郎 鈴木秀雄
    新宮清紀 鈴木幸一郎 志田金助 森正義 大場夏井
    庄司高治 大場熊之助 富樫ムネオ 
    今のさよ 大場ハナヨ 大沼シウ 鈴木ツルノ 庄司ヒサ
    茂木キクヨ 大沼木ナミ 庄司キクヨ 大沼アキ 富樫ツネヨ

  • #6

    いなかっぺ (金曜日, 07 7月 2017 11:43)

    昭和51年『創立百周年記念誌』から
    [柳川学校創立]
     柳川学校は、明治9年9月17日、柳川村27番地の永林寺を、借家使用して創立された。
    建物は茅葺き平野で総坪数18坪75、教員詰所1ケ所(7坪75)教場2ケ所(甲乙とも5坪)、生徒溜場1ケ所(5坪)、それに小便所(1坪)という規模であつた。
    「学制」の発布から4年後の創立であるが、当時これといった産業もなく、米と雑穀で主食をつなぎ青苧、漆実、木炭、生糸などで細々と現金収入を得るというような経済状態であつた。当地区にとつて学校を創立することは大事業であつたろうと思われる。「学制」は経済的裏付けがないまま公布されたので、明治初期における公教育費のほとんどは学区内集金(賦課金)寄付、授業料でまかなわなければ、ならなかつたのである。通学区は柳川村、沢口村の2ケ村であつた。明冶九年の就学・児童数は32名であつた。

    [校舎建築]
    就学児の増加に伴ない、永林寺の校舎が手狭になり、新校舎建築の必要がでてきた。 戸長長山広治を中心に地区民が協力して新しい校舎の建築に取り組み、明冶18年、柳川村七夕畑下に新校舎が完成した。現在の「小山道」付近である。

    [教員について]
    登校路を登りつめたところに青木当摩の碑と並んで恩師芳隆の碑が立っている。恩師富樫芳隆を称えたものである。富樫芳隆(伝兵ヱ)は本校最初の教員であった。「明治9年、仮教師補助富樫伝兵ヱ、山形県羽前国西村山郡柳川村平民、仝9月5日拝命 月俸2円」と沿革誌にある。

    「恩師芳隆碑ニツイテ」  岳人 今 野 久 司 明冶40年卒業 
     校庭ニアル恩師碑ハ四代寛可氏ノ聴書にヨレバ、西川町入間渋谷勘四郎方ニ男生マレ二十三才
    、七夕畑伝兵衛方ニ婿入リ、芳隆ト号ス。(伝兵衛は襲名)長男竹治ー芳太郎ー寛可ー現在伝次郎氏
    である。代々墓ハ字藤葉ノ路下ニ在ッタガ崖崩レト流失ニヨリ恩師碑ハ沢口、柳川ノ門人ノ寄付ニヨリ
    明治二十八年七月七日道上ニ建立サレタ。昭和二至リ校庭青木当摩碑ノ傍二移建サレタ。
    先生ハ大字ヲ能クシ、熊野神社ノ変額及ビ太神宮額、新堰開鑿碑、廿六夜碑、徳沢開田碑等ニ先生ノ花押ヲ見ル。明冶九年教師補助トシテ九月五日拝命、月俸二円也ヲ支給サレ柳川永林寺二読書、珠算ヲ教授シタ。明治十八年十月、七夕畑二十七番地二校舎新築。二階建木羽葺、十九坪半、階下ハ生徒溜リ場、教員室、両便所トシ、二階ノ室ハ教室デ、月布在大泉国治氏トニ人デ教育シタ。
    在校生四十八人トアルガ当時義務制デナク、欠席落第ガ多カッタ。冬季ハ道海村独立簡単小学校開設(二十年四年)詳細ハ不明

    [恩師青木当摩碑建碑ノ事]
     青木先生建碑ノ企ハ、先生ノ真剣ナ教育態度ノ然ラシムル事当然乍ラ、師弟愛ノ表レデモアル。
    村ノ重鎮、大キナル事ハ物トモセヌ人格者庄司久四郎氏、権謀術策ノ鈴木権右ヱ門氏ヲ顧問卜仰ギ、部洛ノ土木工事卜言エバ率先先頭ニ立ツ大兵富樫為吉氏ヲ総指揮官トシタ。
    此ノ組織ハ吾等青年活動ノ意ヲ強クシ、各部落ニ委員ヲ置イタ。沢口、柳川地区ヲ中心ニ村外ノ成功者ヨリモ多額ノ寄付ヤ、厚意ニ満チタ意見卜青写真迄添エラレ、結局大キナ恩帥碑ヲ校庭ニト衆議マトマル。
    平青年会50円ヲ初メ、青年会トシテハ米価ノ低イ不況ノ最中二郷党ノ有志一丸トナッタ事業デ近来ノ快挙デアツタ。山新紙上ニ「偉大ナル師弟愛ノ表レ、丈余ノ恩師碑立ツ」ト大キク報道サレタ。

    [青木先生ノ思イ出]
     先生ハ幼少ヨリ独学、神楽卜乞食ヲ嫌イ入口ニ鍵力ケテ裸デ漢籍ノ素読ヲシティタ。其ノ声隣家ノ久右工門宅マデ聞コエタ。夜学生ノ吾々ニ日本外史ヲ教エテ、十二冊ノ中初メノ三冊ナド本ヲ手ニセズ暗誦デ音吐朗々教壇ニ立タレタノハ驚キデアッタ。他18史略、四書、唐詩選ナド詳シカッタ。俗歌ハ音痴デ面白ク滑稽ダッタ。
    父盛柳氏、熊野神社社掌デ御朱印地十七石八斗ヲ領ス。宗門ノ戒律ヲ専ラ精修シ権大僧都トナル。
    母梅子刀自。山形水野ノ家中古市八重郎ノ女、最上大元ノ養女トナリ二十三才ニテ盛柳氏ニ嫁グ。
    万葉集に通ジ多クノ針子ヲ指導シ、村人ハ「オッ母サン」ト呼ンダ。
    当摩先生ハ次男デ医者ニスベク大谷ノ名医当摩医者ニチナミ当摩と名ヅケラレタト聞ク。先生ノ御子息盛恵氏ハ千葉医専ヨリ北大法医学ニ進ミ二十八才ニシテ医学博士トナル。日本三番目ノ若手博士ノ栄誉ニ輝キ小山丑之助氏ニ師事シテ宮中御用医師トナリ評判高ク経営スル青木医院ノ名声モ高カッタガ惜シクモ幼折ス。多摩墓地ニ葬ラル。
    昭和二年当摩先生勤続三十年功労賞ヲ受ケ依願退職トナル。ソノ後柳川平ノ部落会長トナリ戦中ノ食料問題、切符制度等ノ時勢ニ際シ苦労ノ連続デアッタ。
    「家ハ建テタシ恩給ハ米四十俵分貰エルシ、盛恵ハ成功シタシ死ソデモ良イ」ト満足ゲニ言ワレタガ、幸福ナ期間ハ甚ダ短カカツタ。昭和二十年五月二十四日七十一才ニテ卒ス。享年七十一才。
    葬儀ハ事変ノ事トテ甚ダ寂シカツタ。
     青木先生ハ明治三十一年柳川学校卒業生同志ヲ糾合シ温習会(夜学会)、後金蘭会ヲ組織シ稲作ノ試験田ヲ各地ニ設ケ研究奨励ヲ長ク続ケタ。又金蘭会報ヲ編集シ会員ノ紀行文、算術ノ問題、意見等ヲ寄稿サセ会員相互ノ親睦融和ヲ図リ夜学向上ニ努メタ。編集ト印刷ハ自ラ夜業ニ鉄筆ヲ以テシ会員各自ニ配布シタ。其ノ苦労ハ並大抵デハナカッタ。
     私ノ夜学ノ頃ハ勤労ト植林思想ノ涵養ノ為、休日ヲ利用シテ青年活動ノ資金作リヲシタ。
    裏山ニ一反歩ノ原野ヲ開墾、杉苗圃ヲ作リ良苗ヲ産シ部落二販売シテソレヲ資金トシタ。杉種子ヲ蒔付ケ、床替エニハ半月位毎朝簾カケ、夕方ノ除去、水ハ先生ノ奉仕作業デ、群ノ農産物品詳会デハ杉苗一等賞ヲ受賞シタ。世上愈々燥然トナリ、農村ノ労力不足二及ビ昭和二入ッテ事業ヲ中止シタ。
     大正八年設備ノ充実ニ努メ、柔道着、撃剣道具ヲ整エ、大イニ体育向上二努メタ。柔道ノ畳ハ裁縫ヨリ担ギ出シ、畳ガ損ジテ困ルト苦情ガ出タ。
     夜学教育ノ熱心サハ、九時終了ノ処十時二延長スル事?々デ、先生風邪ヲ引イテモ薬服ミ服ミ休マナイ。生徒モ三分ノーハ峠ナ炭焼キダガ、休ムト上等兵ニナレナィノデ゙欠席ハシナイ。疲レ切ツテ机デ眠ル。大変ナスパルタ教育ダツタ。其ノ熱烈サニ生徒モ一体トナツテ勉学ニ励ミ、西村山群内第一ノ夜学ダト視学会デ賞揚サレタ。当時ノ山形新聞ニ「寒夜ヲ衝イテ十一時、軍歌ヲ歌ッテ帰四十七名ノ夜学生」ト大見出シニ報道サレタ。
                   (原文のママ)

  • #7

    館長佐々木 (金曜日, 07 7月 2017 19:35)

    いなかっぺさん
    コメントありがとうございます。
    また、研究成果のご報告ありがとうございます。読みなれない昔の文章だったので難しかったですが、全て読ませて頂きました。青木先生は学校だけでなく地域に貢献された立派な方だったのですね。

  • #8

    田吾作 (火曜日, 25 7月 2017 14:00)

    私が小学生のころ校庭のブランコのそばに青木先生の顕彰碑が立っていました。
    春には桜の古木が咲き乱れとても綺麗でしたが子ども心にはお墓のようでもあり特に興味を
    もつことはありませんでした。

    七軒で生まれ育った私は正直いって故郷にはあまり自信がもてずにいました。むしろ辺鄙な山村
    にはコンプレックスすら感じていました。

    ところが今回青木先生の偉業を知り私の郷里に対する想いは一変しました。
    かつて青木先生の下に向学心に燃える若者が大勢集い鋭気をたぎらせていたことに驚き感動し
    ました。
    今私はこのような先人たちがいた七軒のことを何よりも誇りに思います。

    石碑は「石文」と呼びならわらせるとおり石に刻み込まれた先祖からの手紙です。
    私が小学生の時には残念ながらこの石碑に書かれた先人の手紙を読み解き教えて下さった
    先生はいませんでした。

    60年を経て私はやまさーべさんによって紹介された金蘭会の一枚の写真によってはじめて石文を
    読み解くことができたのです。