大江町山里交流館やまさぁーべのご案内

“やまさぁーべ”って何?

大江町山里交流館やまさぁーべは、学校として役目を終えた小学校の校舎をリノベーションして作られた宿泊型の自然・文化体験施設です。
「やまさぁーべ」とは、山形の方言で「山に行こう!」という意味の言葉でもあります。

 そんなやまさぁーべでは、自然や田舎を楽しむさまざまな体験プログラムに参加したり、校長室や保健室に泊まったりすることができます。また、スポーツ合宿や、イベント会場としての利用も大歓迎です。使いかたはあなた次第。たくさん楽しい思い出を作ってください!

  • 開館時間:9:00~17:00
  • 休館日:水曜日、年末年始
    (ただし、水曜日が祝日の場合は開館)


やまさぁーべの歴史

当施設の前身である大江町立七軒西小学校は大江町の中山間地域、七軒西地区にある小学校でした。創立は1876年(明治9年)までさかのぼります。

かつて林業で栄えた七軒西地区には、たくさんの家々が立ち並び、ピーク時の児童数は350人を超えました。しかし、時代と共に過疎化が進み2001年には休校となり、この時の児童数は7人にまで減っていました。

1994年に建てられた現校舎は、まだ痛みも少なく、そのまま使わずに置くのはあまりにも勿体ないということで、2014年の正式廃校の後、改装工事を行い2015年4月より、「大江町山里交流館やまさぁーべ」として新しいスタートを切りました。

このような歴史ある学校の校舎を大切に残し、継承していく大江町山里交流館やまさぁーべは、「特定非営利活動法人さわらび会」が指定管理者として管理運営しています。



施設案内

アクセス

スタッフ募集

お問合せ